【京成杯AH】“秋の開幕週男”ルメール今年も!アンドラステ、馬なりでダイナミックに駆け抜けた

[ 2020年9月10日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=9日】午前5時半、調教スタンドの温度計が示した数字は20度。一時期の暴力的な熱気は去り、気候は秋競馬の開幕を告げていた。今週から調教開始時間も30分遅くなっている。明るくなってきたCWコースでアンドラステ(京成杯AH)が追い切った。初コンビのルメールを背に向正面からゆったり。終始、馬なりのままダイナミックに駆け抜けた。

 追い切り直後、寺下は調教スタンド前で引き揚げてくる鞍上を待ち受けた。先週まで札幌に滞在していたルメールは「札幌よりは暑いね」と苦笑い。動きについては「跳びが大きくて凄くいいフットワーク。コンディションは良さそう」とジャッジした。

 ルメールは2年前、秋競馬開幕週の紫苑S→京成杯AHを連勝。昨年もセントウルSを勝ち、秋といえば好スタートという印象だ。「マイルの距離も良さそう。重賞はすぐ勝てる馬だと思うよ」と3年連続の秋好発進を予告?この秋もリーディングジョッキーから目が離せない。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月10日のニュース