【セントウルS】クリノガウディー、最速11秒6鋭伸 藤沢則師「馬のリズムで運べれば」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

 クリノガウディーはコンビ復活の森裕を背に坂路で単走追い。しまいだけ伸ばし、ラスト1Fはこの日栗東最速の11秒6でフィニッシュした。森裕は「喉は気にならなかった。動きも悪くなかった」と好感触を口にした。

 中京は今春の高松宮記念で1位入線も4着降着の舞台。藤沢則師は「馬のリズムで運べれば。左回りは実績があるし走りやすい」と反撃に燃えていた。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月10日のニュース