【紫苑S】追ってひと言

[ 2020年9月10日 05:30 ]

 クロスセル(和田正師)負荷をかけすぎないよう気分よく走らせた。順調に乗り込んで状態は悪くない。

 ショウナンハレルヤ(矢野師)順調に調整してきたので最終追いはサラッと。前で自分のリズムで走れれば。

 シーズンズギフト(黒岩師)追い切りを重ねても馬体減りせず、いい仕上がり。トモに力がついて姿勢も体の使い方も良くなった。

 ストリートピアノ(武藤師)筋肉のつきが良く、いい感じに仕上がった。軽いダートで連勝したが芝でもやれる。

 スマートリアン(石橋師)順調に乗り込んできた。折り合いはつくが体形的に2000メートルがどうか。

 チェーンオブラブ(小笠師)調整は順調。春はかみ合わなかったが夏を越して成長を感じる。展開の助けは必要だが権利を獲れる素質はある。

 デジマノハナ(武井師)状態は悪くない。白井特別と両にらみ。

 パラスアテナ(高柳瑞師)帰厩後は動きに硬さがあったが今週から柔らかみが出てきた。いい頃に比べると少し足りないが、やっと戻ってきた感じ。

 ホウオウエミーズ(津村)操縦性が高く、しまいの反応も良かった。春より成長を感じる。

 マルターズディオサ(手塚師)先週は緩かったが、だいぶ良くなった。春の疲れはすっかり取れた。

 ミスニューヨーク(加藤)走りが力強くなり、トモの緩さも抜けた。本格化した感じ。折り合いの不安がないので初の2000メートルも不安はない。できれば内枠が欲しい。

 ラヴユーライヴ(坂井)動き、息遣いとも良かった。今回は長距離輸送が鍵になりそう。

 レッドルレーヴ(藤沢和師)いい体つき。調教を積んでも体が減らなくなって成長している。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月10日のニュース