【セントウルS】ミスターメロディ、成長の“力強さ” ダイナミックなフォームで1F11秒0

[ 2020年9月10日 05:30 ]

芝コースをダイナミックなフォームで駆け抜けるミスターメロディ
Photo By 提供写真

 安田記念(11着)以来、3カ月ぶりの実戦となるミスターメロディは岩田望(レースは北村友)を背に芝コースへ。ダイナミックなフォームで5F63秒7~1F11秒0を刻んだ。岩田望は「動きは良かった。元々完成度は高かったが、力強さが出た」と成長を伝えた。昨年の高松宮記念を制した舞台で期待は高まる。「G1を勝っている得意な条件もいい」と本番を見据えた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月10日のニュース