【阪神新馬戦】ステラヴェローチェV!須貝師は太鼓判「距離が延びても大丈夫」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

<阪神5R新馬戦>グルーヴビート(右)を振り切り勝利するステラヴェローチェ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神5R新馬戦(芝1600メートル)は最内枠からハナに立ったステラヴェローチェ(牡=須貝、父バゴ)が、何度も物見するシーンを見せながら押し切った。川田は「幼さを見せていましたが、特性を生かすためにハナに行きました」と持久力タイプであることを示唆。18年セレクトセール当歳セリで6480万円(税込み)の高値がついた逸材。須貝師は「良馬場でも走れるし、距離が延びても大丈夫」と将来性に太鼓判を押した。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月6日のニュース