【七夕賞】舞台巧者そろう!クレッシェンドラヴが中心視

[ 2020年7月6日 05:30 ]

 今週の福島メインは夏の名物ハンデ重賞「第56回七夕賞」。舞台巧者が顔をそろえた。クレッシェンドラヴは昨年の2着馬で、昨秋には同舞台の福島記念を制覇。当地【1・3・0・0】の実績を残している。ハンデは背負わされそうだが中心視。マイネルサーパスは4月の同舞台・福島民報杯を快勝。こちらも福島は【2・1・0・0】と連対を外していない。面白いのはヴァンケドミンゴ。関西馬ながら福島4戦4勝。重賞実績がない分、ハンデも軽そうで侮れない。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月6日のニュース