【福島新馬戦】マルス 首差しのいで逃走V!次走は函館2歳Sを視野

[ 2020年7月6日 05:30 ]

<福島6R新馬戦>レースを制したマルス(左端)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 福島6R新馬戦(芝1200メートル)は7番人気マルス(牡=岩戸、父リオンディーズ)がハナを奪って快走。直線伸びた1番人気ロンギングバースの猛追を首差しのいで逃げ切った。新種牡馬の父は産駒初勝利。木幡巧は「右にモタれる癖があるので、ラチ沿いを前々で運ぶ競馬が良かった。まだ幼い面があるが、とりあえず勝てて良かった」と振り返った。次走は函館2歳S(18日、函館)を視野に入れている。 レース結果

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月6日のニュース