【CBC賞】戦い終えて

[ 2020年7月6日 05:30 ]

 ▼4着タイセイアベニール(松山)前が止まらない馬場。最後はよく伸びたが…。

 ▼5着エイシンデネブ(幸)少し仕掛けは遅れたが、最後は伸びてくれた。

 ▼6着ノーワン(浜中)馬場が悪かったのが影響。道中も追っつけ通し。

 ▼7着アウィルアウェイ(川田)枠的にも並び的にも厳しくなってしまい、その分きつくなりました。

 ▼8着グランドロワ(和田)行き脚がつかず。それなりに動けていたけど、自分の形ではなかった。

 ▼9着ジョイフル(川又)馬場は厳しかったけど、いい頃の走りを見せてくれた。

 ▼10着ロケット(酒井)口向きに課題。馬場も合わなかったですね。

 ▼11着ディメンシオン(松田)ポジションを取るのにてこずった。枠順が響いた。

 ▼12着クリノガウディー(横山典)軽い馬が逃げ切るレースになったし、やはり58キロはきつかったね。最後も馬混みの厳しい所に入ってしまった。

 ▼13着ナインテイルズ(中井)千二で内枠はいいと思ったんですが、馬場は合わなかった。

 ▼14着ミッキースピリット(松若)メンバーが強かった。それでも馬場が違えば…。

 ▼15着ダイシンバルカン(国分優)前で流れには乗れた。平たん向きかな。

 ▼16着ショウナンアンセム(鮫島駿)3角で振られて挟まった。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月6日のニュース