【福島新馬戦】タウゼントシェーン鋭伸V!矢作師「強い内容だった」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

<福島5R新馬戦>レースを制したタウゼントシェーン(手前)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 福島5R新馬戦(芝1800メートル)は2番人気タウゼントシェーン(牝=矢作、父ディープインパクト)が初陣を飾った。中団追走から4角で大外を回ると、メンバー最速の上がり3F34秒9の末脚で鋭く伸び、内で食い下がる1番人気スワーヴエルメを下した。戸崎は「前半は遊び遊びだったけど、ギアを入れてから凄く推進して走ってくれた。楽しみ」。矢作師は「体は小さいけど落ち着いていて輸送も問題なかったし、優等生。強い内容だった」と称えた。今後はひと息入れ、来年の桜花賞路線を見据えていく。 レース結果

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月6日のニュース