【ラジオNIKKEI賞】戦い終えて

[ 2020年7月6日 05:30 ]

 ▼4着パラスアテナ(武豊)レース自体はスムーズで思い通りに運べた。切れる脚を使うタイプなので馬場がこたえた。

 ▼5着ルリアン(坂井)1角から終始、外へ逃げる面を見せた。能力を出し切れなかった。

 ▼6着サクラトゥジュール(石橋)スタートで両サイドから寄られ後ろの位置に。勝負どころで外を回る厳しい競馬だが、もう少し伸びても…。

 ▼7着アルサトワ(田辺)スタートで出して行ったが、いい位置を取れず。3~4角も押しながらの競馬で、距離が忙しい印象。

 ▼8着アールクインダム(吉田豊)折り合いはついたが、コーナーで上がっていく際にモタれたのが響いた。

 ▼10着グレイトオーサー(レーン)レース前からテンションが高く、リズム良く折り合えなかった。

 ▼11着コンドゥクシオン(石川)取りたいポジションで競馬できたが3角から付いていけなかった。

 ▼12着コスモインペリウム(和田雄師)スタートはうまく出たが、3~4角で手応えがなくなった。立て直します。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月6日のニュース