【日本ダービー】3着ヴェルトライゼンデ 底力みせて反攻「秋が楽しみ」

[ 2020年6月1日 05:30 ]

<日本ダービー>3着でレースを終えたヴェルトライゼンデ(左手前)と4着のサトノインプレッサ(右手前)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 10番人気ヴェルトライゼンデが最終4コーナー7番手から伸びて3着。前走・皐月賞(8着)から着順を上げ、G1ホープフルS2着の底力を示した。池添は「前走より凄く状態も良かったし、広いコースで距離も延びてよく走ってくれた。3コーナーで勝ち馬に行きたいポジションを取られたけど、直線はしぶとく盛り返した。秋が楽しみです」と目を輝かせて振り返った。池江師は「皐月賞は馬場が敗因。あんなものじゃないと思っていた。池添君が完璧に乗ってくれた。世代No・3ですからね。距離は延びていいので菊花賞に行きます」と秋の逆転1冠を見据えた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年6月1日のニュース