【日本ダービー】サリオス 2着で雪辱ならず…37年ぶり皐月賞と同じワンツー決着

[ 2020年6月1日 05:30 ]

<日本ダービー>2着でレースを終えたサリオス。右端は堀師
Photo By 代表撮影

 直線入り口。サリオスはコントレイルを射程圏に入れた。必死に追うレーン。だが、差は詰まらない。無情にも背中は遠のいていく。皐月賞で半馬身だった着差は3馬身まで広がった。

 「いいスタートを決めて、すぐリラックスできた。直線に入る際、少し外に持っていかれたが、いい反応で素晴らしい脚を使ってくれた」。レーンは悔しさを押し殺して振り返った。皐月賞は先に抜け出し、コントレイルの目標となった。同じ過ちは繰り返さない。勝つにはこれしかない。腹をくくって中団から進めた。思い描いた通りのレースはできた。

 皐月賞の1、2着馬が、そのままダービーでもワンツーを決めたのは83年ミスターシービー→メジロモンスニー以来、37年ぶり。馬連、馬単と2頭のワイドはダービーの最低払戻金額。敗れはしたが、「両雄並び立たず」が常識のダービーで、世代最強の能力と意地は示した。「最後まで一生懸命走っている。でも、1頭だけ強い馬がいた」。レーンは潔く完敗を認め、勝者を称えた。これぞ令和の名勝負。強いライバルがいるからこそ、サリオスもまた輝き、さらなる飛躍を期して秋を見据える。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月1日のニュース