【大井】誘導馬が脱走、公道で車と衝突事故…ワンボックスカー運転手負傷

[ 2020年5月26日 05:30 ]

大井競馬場付近の道路を走る馬
Photo By 共同

 25日午前11時ごろ、東京・大井競馬場の誘導馬による放馬事故が発生した。同競馬場によると放馬後の同11時10分ごろ、厩舎入り口の門を閉鎖したが同馬は門を跳び越えて公道へ脱走。同11時15分ごろ、東京都品川区東大井1丁目の交差点付近で「馬と車が衝突した」と目撃者から110番があった。現場近くで働く男性(46)は「車はガラスが割れていて、窓枠に馬の毛が付いていた。かなりの衝撃だったと思う」と振り返った。

 警視庁大井署によると出血している馬1頭を警察官が発見。その後、大井競馬関係者が馬運車で競馬場へ戻した。同競馬場によるとワンボックスカーの運転手が負傷。救急搬送ではなく、自ら病院へ向かったという。通行人など、他にケガ人はいなかった。大井競馬場は「被害に遭われた方に、また近隣住民の方に不安を与えたこと、深くおわび申し上げます」とし、放馬事故の原因を調査中。再発防止に努め、今後、具体策などを発表するという。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月26日のニュース