【日本ダービー】ブラックホール80点 線が細く小づくり「香車」

[ 2020年5月26日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<日本ダービー>祖父ステイゴールド譲りの激しい気性だが、顔つきは穏やかになってきたブラックホール
Photo By 代表撮影

 出走予定馬の中で最も小さな馬体。「成香」に例えた皐月賞時は432キロでした。それから1カ月たっても線が細く、全体に小づくり。もう少しパワーが欲しい。今回は「香車」のイメージです。祖父ステイゴールド譲りの激しい気性の持ち主ですが、顔つきは穏やかになってきた。首の短い体形は中距離向きです。 日本ダービー

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月26日のニュース