【日本ダービー】マンオブスピリット80点 気負いなし「銀将」 鼻孔をつままれ舌を出す珍しい光景も

[ 2020年5月26日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<日本ダービー>首が太く、「銀将」のような重さを感じさせる体つきのマンオブスプリット
Photo By スポニチ

 スタッフに鼻孔をつままれながら舌を出して立っています。何があったのか…。とても珍しい光景です。ともあれ、馬に気負いはありません。尾も自然に流しています。首が太く、「銀将」のような重さを感じさせる体つき。2200メートルの重賞(京都新聞杯)で好走していますが、詰まり気味の中距離体形です。 日本ダービー

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月26日のニュース