【日本ダービー】アルジャンナ80点 重厚な「銀将」中距離型のつくり

[ 2020年5月26日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<日本ダービー>460キロ前後の体重以上にボリュームを感じさせる重厚な馬体のアルジャンナ
Photo By スポニチ

 460キロ前後の体重以上にボリュームを感じさせる重厚な馬体。サトノフラッグにも言えることですが、ディープインパクト産駒ならもう少し軽快さがあってもいい。重厚な斜め駒「銀将」に例えます。2000メートル前後が向きそうな中距離型のつくり。立ち姿を見ると、尾を上げ気味にして気持ちを高ぶらせています。 日本ダービー

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月26日のニュース