【東京7R】ルナシオン快勝!ルメール「直線で長い脚で伸びてくれた」

[ 2020年5月17日 05:30 ]

 東京7Rの3歳1勝クラスは、スワーヴリチャードの半妹ルナシオン(牝=藤沢和、父ディープインパクト)が快勝した。

 1番人気に推された前走・クイーンCは出遅れてまさかの10着。この日は好スタートから好位を追走し、楽な手応えで直線抜け出した。ルメールは「まだ若い馬だけど、力がたくさんある。いいスタートだったからスムーズなレースができて、直線で長い脚で伸びてくれた」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月17日のニュース