【ブリリアントS】エルデュ 首差でオープン初勝利!ルメール「いい馬になった」

[ 2020年5月11日 05:30 ]

ブリリアントSを制したC・ルメール騎乗のエルデュクラージュ(右)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 古馬オープンの東京10R・ブリリアントSは、好位から伸びた3番人気エルデュクラージュが、マスターフェンサーの追い上げを首差抑えてV。通算22戦目で、オープン初勝利を飾った。騎乗したルメールは「今まではワンペースで走っていたけど、パワーアップしてギアが上がるようになった。いい馬になった」と称えていた。 レース結果

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年5月11日のニュース