【ヴィクトリアM】サウンドキアラ 進化しG1獲り挑戦「最後できっちり抜けてくる」

[ 2020年5月11日 05:30 ]

 重賞3連勝中のサウンドキアラがG1獲りに挑戦する。1週前(6日)は松山騎乗で坂路単走。軽やかな走りで4F53秒5~1F12秒5をマークした。安達師は「いい動きでした。ジョッキーは“いくらか重い”と言っていた。来週の追い切りと輸送でちょうどよくなるのでは」と話す。本格化を示す近3走について「体つきに変化はないけど、レースぶりが明らかに変わった。最後できっちり抜けてきますね」と進化を口にした。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年5月11日のニュース