横山武 オークス消えた…東京9Rの斜行で騎乗停止に

[ 2020年5月11日 05:30 ]

 東京9Rでグレンガリーは内側に斜行したブラックプラチナムに触れてつまずき、騎手が落馬したため、スタート後まもなく競走を中止した。この件について、ブラックプラチナム騎乗の横山武史(21)は23~31日の9日間(開催日4日間)の騎乗停止となった。オークス(24日、東京)で騎乗予定だったフローラSの勝ち馬ウインマリリンには騎乗できなくなった。落馬したグレンガリー騎乗の津村明秀(34)は左前腕骨挫傷の疑いと診断された。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年5月11日のニュース