河原田さん、親のサポートに感謝 “新潟出身”小林美さんは笑顔で「サマーダッシュで一番勝ちたい」

[ 2020年4月8日 05:30 ]

JRA競馬学校「騎手課程39期生」入学式

笑顔でポーズをとる(左から)大江原比呂、小林美駒、河原田菜々(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 女性3人が入学し、12期生以来27年ぶりで最多タイの入学になった。河原田菜々さん(15)は大阪府出身だが、騎手を志して家族で滋賀県栗東市に引っ越しした。両親に「親のサポートがなかったら、絶対にできなかった」と感謝を伝え「不安なこともあるがみんなで力を合わせて、3年後にデビューを目指したい」と目を輝かせた。

 両親共に競馬好きの新潟県出身の小林美駒さん(15)。小学6年生のときに新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュを観戦し「大迫力で自分もこのトップスピードで走ってみたい」と騎手を目指し、将来は「サマーダッシュで一番勝ちたい」と笑顔で話した。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月8日のニュース