【桜花賞】スマイルカナ、生産牧場からは強い逃げ馬育つ

[ 2020年4月8日 05:30 ]

スマイルカナ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 スマイルカナの生まれ故郷・木田牧場(北海道新ひだか町)は家族経営の零細牧場だが、エイシンヒカリだけでなく、カワキタエンカ(18年中山牝馬S)、エイシンティンクル(18年関屋記念3着)と強い逃げ馬が育っている。

 木田圭介代表(45)は「逃げ馬を育てる秘訣(ひけつ)はないですよ」と苦笑い。「子供の頃のカナはやんちゃで、集団で走らせるといつも先頭。叔父のヒカリは後ろの方をとことこ走っていたので真逆。とても走ることに前向きでした」と思い出を語る。「まさか重賞を勝ってくれるとは思っていませんでした。まずは無事に走りきってほしい…。それだけです」と親心をにじませた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月8日のニュース