【桜花賞】滞在効果てきめんチェーン激走ある

[ 2020年4月8日 05:30 ]

坂路を駆け上がるチェーンオブラブ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント・栗東=7日】栗東に滞在する関東“第3の馬”チェーンオブラブの激走がないか?いや、関西馬を見渡してもほどよく人気を下げ、かつ“勝ち負け”に届く可能性のある馬は少ない。これに気配の良さも加味すれば、唯一無二かとオサムは思うのだ。

 飛びついたのは1週前追い切り。手綱を取った鮫島駿(レースは石橋)の表情とコメントだ。小笠師に感触を問われ、目を輝かせてこう即答した。

 「前回乗った時と全然違いますね。いかにも“切れる馬”って感じです」

 鮫島駿は前走、チューリップ賞の最終追い切りにも騎乗している。この時は美浦からの長距離輸送もあり、馬なり仕上げ。CWで6F85秒0~1F12秒0。脚勢はいかにも平凡だった。

 しかし、今回は滞在効果もあり、1週前から目イチに負荷がかけられた。重馬場ながら回転力のあるピッチ走法で刻んだ時計が6F81秒2~ラスト1F11秒8。鬼のような切れ味。鮫島駿が驚きの声を上げたのも理解できる。動きを確認した東大出の知将・小笠師も虎視たんたんだ。

 「滞在効果でたくましくなった。落ち着いてカイバもしっかり食べている。18番目で滑り込んだ馬だし、イチかバチかの競馬でチャレンジしたいと思う」

 時勢的なものを考え、早めに栗東入りしたのも正解。チューリップ賞を叩き台とし、本番に向けて一気に状態を引き上げる陣営の思惑がはまりそうだ。

 来週の皐月賞はディープ産駒コントレイルとハーツクライ産駒サリオスの一騎打ちと言われる。先んじて桜花賞もディープ&ハーツ対決か。今季絶好調ノースヒルズの生産馬だということも付け加えておく。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月8日のニュース