大井競馬、無観客競馬続行を発表「23特別区の財政貢献に努めてまいります」

[ 2020年4月8日 09:42 ]

無観客競馬続行を発表した大井競馬場
Photo By スポニチ

 TCK(大井競馬)は8日、政府の緊急事態宣言発令後も無観客競馬を続行すると発表した。

 公式サイトで「政府の緊急事態宣言の発令を受け、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、無観客競馬の実施を決定いたしました」と発表。「TCKでは、引き続き無観客競馬を開催することで、23特別区の財政貢献に努めてまいります」と表明した。

 場外発売所については、所在地を問わず発売・払戻を休止する。また、「無観客競馬の実施ならびに場外発売所の休止に伴い、この期間に時効を迎える勝馬投票券の払戻有効期限は、競馬場等での発売の再開から60日後まで延長いたします」とした。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年4月8日のニュース