【皐月賞・1週前追い】コントレイルに福永満足「しっかりとした時計が出ている」

[ 2020年4月8日 15:20 ]

福永騎手を背に3頭併せで調教を行うコントレイル(右)。中央がジンゴイスト、奥がホウオウライジン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 最優秀2歳牡馬のコントレイル(牡=矢作)はCWコース3頭併走の最後方から。直線で内に進路をとって強めに追われると、上々の伸び。ジンゴイスト(5歳1勝クラス)とホウオウライジン(4歳2勝クラス)の2頭に1馬身先着した。

 ホープフルSを勝って以来、3カ月ぶりに騎乗した福永は「しっかりとした時計(6F80秒5)が出ているし、負荷もかけられた」と満足顔。課題の折り合いについても、「少し行きたがったけど、馬の後ろで我慢できた。競馬に行けば大丈夫じゃないかな」と意に介さなかった。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月8日のニュース