【大阪杯】(5)ラッキーライラック 松永幹師は好調アピール「牡馬相手でも」

[ 2020年4月5日 05:30 ]

 角馬場で体をほぐしたラッキーライラック。松永幹師は「硬さもないですし、変わらず順調。枠も極端じゃない真ん中でいいですね」と好調をアピールした。昨秋はエリザベス女王杯を制し、香港ヴァーズ2着。海外遠征を経験し、ひと回り強くなった。「香港での経験は大きい。今なら牡馬相手でも、と思います」。G1昇格後初となる牝馬Vへ、グラマラスなレディーが強豪牡馬に立ち向かう。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月5日のニュース