【大阪杯】(3)ブラストワンピース 関東馬で唯一の前日輸送

[ 2020年4月5日 05:30 ]

ブラストワンピース (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 18年の有馬記念勝ち馬はレース前日、午後0時47分に阪神競馬場に到着した。関東馬で唯一、前日輸送を選択。八木助手は「思ったより1時間ぐらい早く着いた。輸送は慣れているし、変わりないですね」と目を細める。

 1年ぶりに阪神の舞台に戻ってきた。昨年の大阪杯は1番人気で6着。「流れが向かなかったですね。昨年より、体はひと回りしっかりした。スムーズな競馬ができれば」とリベンジに燃える。今年初戦のAJCC杯を勝ち、有馬記念以来のG1タイトルを狙う。「追い切りは脚さばきが軽くて、いい仕上がり。頭数が少なくてゴチャつかないのもいいしスタートを五分に出て、いいところで競馬ができれば」と川田に託した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月5日のニュース