【桜花賞】女王候補多数で“混戦模様”トライアル組ではディオサ僅差で上 

[ 2020年3月16日 05:30 ]

 【桜花賞占う】トライアル3戦ではチューリップ賞のレベルが今年も高い。優勝したマルターズディオサは操縦性の高さと位置不問の立ち回りのうまさが武器。小差でも女王に近い存在だ。ただ同レースで鼻差2着のクラヴァシュドール、3着レシステンシアも当然V候補。一方、フィリーズレビューを勝ったエーポスは相手関係に恵まれた面も否定できない。同馬の勝利で一躍クローズアップされるのは無傷2連勝でエルフィンSを圧勝したデアリングタクトだ。1分33秒6の好時計で、同4着エーポスを6馬身以上もちぎっていた。底知れぬ大物感が漂っている。

 トライアルを使わない直行が多いのも近年の傾向。牡馬相手のシンザン記念を勝ったサンクテュエール、クイーンCを制したミヤマザクラ、阪神JF(6着)で1番人気に推されたリアアメリアなど、女王候補は多彩。NHKマイルC直行も視野にあるファルコンS優勝馬シャインガーネットの動向からも目が離せない。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月16日のニュース