【東風S】ストーミーシー 粘って伸びてV!横山武「重賞でもやれる力ある」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

東風Sを制した横山武史騎乗のストーミーシー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 古馬オープンの中山10R・東風Sは3、4番手で運んだ4番人気ストーミーシーが粘り強く伸びて快勝。19年8月朱鷺S以来のオープン勝ちで、通算5勝目を挙げた。初コンビの横山武は「控える競馬が板についているようですが、この枠(2番)なのでそれなりに位置を取ってもいいかなと思っていました。普段と違う競馬で勝てたのは収穫。重賞でもやれる力がある」と称賛していた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月16日のニュース