【金鯱賞】ラストドラフト5着 切れ味勝負完敗「イメージ通りだったけど…」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

<金鯱賞>5着に終わった3番人気のラストドラフト(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 ラストドラフトに騎乗した吉田隼の「前にちょうどいい目標(サートゥルナーリア)がいたが、あまりにも上がり勝負だった」の言葉が究極の切れ味勝負となったことを物語る。勝ち馬サートゥルナーリアの上がり時計が33秒2で、それをマークする形でラストドラフトも33秒5の脚を使っている。それでも結果は5着。離された内容に「少頭数でイメージ通りだったけど」と渋い顔だった。 レース結果

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月16日のニュース