【新馬戦総括】完勝アンジェロフィリオ 次戦以降の上積みも期待

[ 2020年3月16日 05:30 ]

 現3歳世代の新馬戦も終盤。東西1鞍ずつのダート1800メートル戦は、共に後続を豪快にちぎる派手な初陣Vだった。阪神のアンジェロフィリオは外枠からあっさりハナを奪っての単騎逃げ。4角でいったんは後続が差を詰めたが、直線で突き放し2着に1秒9差。馬体はまだ余裕残しの印象で、次戦以降の上積みがありそうだ。中山のキタノヴィジョンはブービー15番人気ながら、早めに抜け出して2着に8馬身差。ただ、こちらは時計が平凡。今後さらなる成長が必要だ。

 なお、新馬戦ではないが日曜阪神4Rの未勝利戦を初出走で豪快に差し切ったデゼル(牝=友道)は相当な大物。父ディープインパクト、母はフランスの2冠牝馬アヴニールセルタンという良血だ。武豊は「スピードに乗ってからの走りがいい。フランスによくいる馬みたいですよ」と大絶賛。オークスの有力候補になるのは間違いない。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月16日のニュース