【中山新馬戦】ブランクチェック 差し切りV!大野「ダート向きの感じ」

[ 2020年1月26日 05:30 ]

<中山4R新馬戦>優勝したブランクチェックと大野(左)
Photo By スポニチ

 中山4R新馬戦(ダート1200メートル)は7番人気ブランクチェック(牝=栗田、父パイロ)が差し切った。先行策から4角は外々を回って進出。先に抜け出した1番人気マックスをゴール直前で捉えた。大野は「ゲートは少し驚いて出ていたけどスピードがある馬なので流れに乗れた。追走も楽で最後もしっかり反応した」と笑顔。「ダート向きの感じ。スピードが生かせる条件が良さそうだが気性的には距離も持ちそう」と語った。 レース結果

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年1月26日のニュース