【梅ちゃん先生 特別編】26日中山1R ユーメイ狙い、最終追いで出色の走り

[ 2020年1月26日 08:00 ]

 早起きは三文のトクという。いつもより少しだけ早起きして買ってみたいのが中山1Rのユーメイドリーム。大野騎手の父、大野裕オーナーの所有馬。初めて息子が騎乗するデビュー4戦目の今回が狙いどころだ。休み明けでも最終追い切りでは息子の手綱で出色の走りを見せた。ダートの短距離に実績を残すスウェプトオーヴァーボード産駒。初ダートも吉と出る。

 ≪中山11R 良馬場ならミッキー≫中山11R・AJC杯はミッキースワローから。ずんぐりしていた首差しがすっきりと抜けてきた姿はサラブレッドの完成形。追い切りの動きには凄みすら感じられた。「この2戦とは出来が違いますよ」と菊沢師も自信の弁。中山コースはセントライト記念優勝を含めて6戦4連対。切れ味をそがれる道悪はマイナスだが、良馬場なら堅い本命馬だ。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年1月26日のニュース