【東海S】傾向と対策

[ 2020年1月26日 05:30 ]

 東海Sが1月施行となった13年以降(全て中京で実施)で傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【5・0・2・0】で全て3着以内の馬券圏内に好走。2番人気は【0・2・0・5】、3番人気は【0・1・1・5】と不振。4番人気が【2・0・1・4】で健闘。

 ☆前走 チャンピオンズC組(ジャパンCダート含む)が【2・1・3・11】で主力。東京大賞典組が2勝も今年該当馬なし。ベテルギウスS組が1勝。前走6着以下の馬の優勝はない。

 ☆世代 5歳が【4・3・3・11】で主力。4、6、7歳が各1勝。

 結論 ◎スマハマ ○インティ ▲キングズガード

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月26日のニュース