【寺下の変 特別編】26日京都10R パンサラッサの逃げ推し

[ 2020年1月26日 08:00 ]

 京都の芝レースは先週に続いて、先行馬&内枠有利の傾向。土曜の5Rは逃げた5番人気が2着に粘り、9Rも5番人気が2番手から抜け出した。今日は未明から雨予報も出ており、さらに時計が掛かりそう。道悪適性もポイントになる。

 ディープインパクト、マカヒキなど勝ち馬からダービー馬を輩出した若駒S(京都10R)は、◎パンサラッサの逃げ推しで勝負。
 不良馬場だった当舞台の未勝利は、2秒5差つける記録的な大差勝ち。母の父モンジューを持つ欧州血統で、道悪馬場は大得意。G1に挑戦したホープフルS(6着)も積極的に逃げて、見せ場をつくった。オープン特別のメンバーなら、逃げ切りも十分可能だ。

 過去10年の若駒Sで、やや重~重の馬場で行われた過去3回(勝ち馬は12年ゼロス、17年アダムバローズ、18年ケイティクレバー)は、全て逃げ切りVだった。道悪のコンディションなら、心強い後押しになる。

 馬券は単勝と馬連流しで相手はラインベック、シルヴェリオ、ケヴィン、アリストテレスの4頭へ。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年1月26日のニュース