【中山新馬戦】フォースオブウィル鋭伸V!宮崎「自信を持って乗った」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

<中山6R新馬戦>メイクデビュー中山を制した宮崎北斗騎乗のフォースオブウィル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山6R新馬戦(芝1600メートル)は7番人気フォースオブウィル(牡=粕谷、父ローエングリン)が中団から鋭い決め手を発揮。2着リーガルバトルをあっさり捉えて突き放した。宮崎は「位置取りは後ろだったが自信を持って乗った。展開は向かなかったし、思ったより外を回ったが、それでも差し切ってくれた」と笑顔で振り返った。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月14日のニュース