【京成杯】カーネリアン&ヴィアメント 鹿戸勢2頭とも手応え!

[ 2020年1月14日 05:30 ]

 鹿戸厩舎は2頭出し。ウインカーネリアンは同舞台の芙蓉Sで2着に逃げ粘った。「今回も同じコースだし、前々でリラックスして運べれば。結構強い相手と戦ってきたからね」と鹿戸師。2着だった新馬戦の勝ち馬ワーケアはG1ホープフルSで3着に好走しており、重賞でもやれる手応えを隠さない。ヴィアメントは昨秋の東京で未勝利V。「前回が厳しい競馬だったので間隔を空けた。まだこれからの馬なので、ここで経験を積んでほしい」と親心で送り出す。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月14日のニュース