【日経新春杯】大敗した去年とは別馬のアフリカンゴールド

[ 2020年1月14日 16:25 ]

 今まさに伸び盛りのアフリカンゴールド(セン5=西園)は前走のアルゼンチン共和国杯が惜しい3着だった。担当の平田助手は「少しイレ込んでいた分、序盤で力んだけど、それでも見せ場はつくってくれましたね」と前向きに振り返る。

 昨年のこのレースは15着に大敗したが、去勢効果が著しく当時とは別馬になっている。「先週もいい動きだったし、前走と変わらない感じで出せそう。レースでの集中力がアップすれば、もっといい走りができるはずです」と結び、好勝負への手応えを示した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月14日のニュース