【中山新馬戦】ペイシャチャーム差し切りV!山田「今後も楽しみ」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

<中山4R新馬戦>メイクデビュー中山を制した山田敬士騎乗のペイシャチャーム(左)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山4R新馬戦(ダート1200メートル)は3番人気ペイシャチャーム(牝=高市、父トゥザグローリー)が差し切りV。好スタートを決め、道中は中団待機。直線では外から豪快に脚を伸ばして先行勢をかわしきった。騎乗した山田は「担当の助手さんも“まだ仕上がりきっていない”と言っていた状態の中で強い勝ち方ができましたし、伸びしろがあるので今後も楽しみ」と振り返った。 レース結果

 鞍上にとっては70度目の騎乗で新馬戦初勝利。「自分の今年初勝利、新馬戦初勝利を、お世話になっているオーナー(北所直人氏)の馬で達成できてうれしい」。自身の通算16勝のうち5勝を挙げている「ペイシャ」の勝負服姿で満面の笑みを浮かべていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年1月14日のニュース