【フェアリーS】6着アヌラーダプラ 1番人気も距離に泣き失速「千四の方が合いそう」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

 3連勝を狙った1番人気アヌラーダプラは6着。中団追走から直線で外に持ち出したが伸び切れなかった。ルメールは開口一番、英語で「シー・ワズ・キーン(敏感)」と苦笑い。「掛かったね。息が入らなかった。(直線の)坂を登る時には疲れていた」と肩を落とした。その上で「スピードはあるから、距離が長いのかも。現状では千四の方が合いそうだ」と分析した。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2020年1月14日のニュース