【フェアリーS】2着チェーンオブラブ 猛追あと一歩「凄くいい競馬だった」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

 7番人気のチェーンオブラブが大外から鋭く伸びて2着に食い込んだ。石橋は「道中はルメール(アヌラーダプラ)を目標にジッとしていた。乗りやすい馬だし、最後の反応が良くて、凄くいい競馬だった」と初コンビのパートナーを称賛。小笠師も「初の右回りだったが、うまく走ってくれた。切れ味は一級品のものを持っている」とうなずいた。今後は桜花賞を目標にローテーションを組み立てる予定。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年1月14日のニュース