【新馬戦総括】良血ルーツドール フットワーク大きくクラシック向き

[ 2019年11月18日 05:30 ]

 土曜東京の芝1600メートルを勝ったルーツドールは、G1・2勝のフィエールマン(父ディープインパクト)を兄に持つ良血。馬体重524キロと480キロの兄以上に雄大な馬体が目を引く。当日はレコード連発の速い馬場だったのを考慮しても1分33秒3の走破時計は優秀。フットワークが大きく広いコースが合いそうと、いかにもクラシック向きだ。

 日曜京都の芝1200メートルを制したシャイニーズランも、重賞2勝馬シュウジの全弟という良血。序盤は置かれたが、直線一気の鮮やかな末脚は将来性を感じさせた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月18日のニュース