【京都新馬戦】シャイニーズランV!4角後方2番手から直線鮮やかな末脚

[ 2019年11月18日 05:30 ]

<京都競馬6R>デビュー戦勝利を飾ったシャイニーズラン(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 京都6R新馬戦(芝1200メートル)は重賞2勝シュウジの全弟シャイニーズラン(牡=森田、父キンシャサノキセキ)が4角後方2番手から直線鮮やかな末脚を繰り出し、デビューVを飾った。道中完全に置かれたが和田は「出して行く脚は速かった。本番で走るのは血統だね」と感心しきり。単勝7番人気での勝利に森田師も「ついて行けなかったが追いだしてからは良かった。まだ太いし血統だね」と驚きの表情だった。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月18日のニュース