【京都新馬戦】ディアマンミノル 差し切りV!横山典「稽古通り走れた」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

<京都競馬5R>デビュー戦白星を飾ったディアマンミノル (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 京都5R新馬戦(芝2000メートル)は直線外から鋭く伸びたディアマンミノル(牡=本田、父オルフェーヴル)が単勝1・9倍の断然人気ハーツクリスタルを差し切り、初陣を飾った。勝利に導いた横山典は「頭数が恵まれたところもあったが、稽古通り走れていた」と笑顔。栗東で最終追いにまたがり、感触をつかんでいた。「まだまだ経験が必要だけど、新馬戦を勝てたのは大きい」と締めくくった。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年11月18日のニュース