【オールカマー】クレッシェンド変身!スムーズに手前転換で伸びた

[ 2019年9月19日 05:30 ]

併せで追い切るクレッシェンドラヴ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 七夕賞2着のクレッシェンドラヴが出色の走りを披露した。Wコースでジン(3歳1勝クラス)の約8馬身後方から差を詰めて迎えた直線。手前(軸脚)を右から左へ転換すると、瞬く間にインから並びかける。力強く1馬身突き放した。「これまでは手前を替えづらかったのですが、今回は(直線で)スムーズに左手前へ転換してギアが1つ上がった走りでした」。担当の金子助手が変わり身を口にする。

 「以前は尻っぱねしたり、立ち上がったり…。自分も振り落とされたほどヤンチャだったのですが、無駄なことはしなくなりました。乗っていて安心感があるし、体幹もさらにしっかりしてきた」と心身の成長ぶりを強調する。5歳となった今年オープン入りを果たすと、福島民報杯、七夕賞で連続2着。「平たんでも坂があっても対応できるオールラウンダー。抜群に切れるわけではありませんが、パワーも備えていてサドラーズウェルズ(母の父)の影響を感じます」と手応えをつかんでいた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月19日のニュース