【オールカマー】グレイル、単走鋭伸好時計 ラスト12秒3

[ 2019年9月19日 05:30 ]

 グレイルはCWコース単走でラストを軽く伸ばし、6F79秒8~1F12秒3の好時計をマークした。7カ月ぶりの福島テレビオープン(6着)時はトーンが低かった野中師も、「前走は体に余裕があって“間に合ったかな!?”という感じ。その点、今回の方がはるかにいいよ」と満足顔。17年11月の京都2歳Sを制して以降、勝利から遠ざかっているが「ここである程度はいいところを見せてくれないと」と結び、東のG1ウイナー2頭に食い下がる走りを期待した。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月19日のニュース