【取手】松岡番手魅力も新田は自力で勝負

[ 2019年9月19日 05:30 ]

 11Rの新田が思案顔だ。先行力ある松岡の番手が空いているのだ。「凄く魅力はある。ただ、武田君とも相談して。少し考えたい」。自力をメインに戦っているが、若い南関の自力選手の番手を回る機会も増えている。番手戦もソツなくこなせるだけに松岡の番手なら勝機は膨らむ。ただし、出した結論は「自力でやる」だった。「コツコツやってきて少しずつ良くなっているが、もっと上でやれると思って頑張るだけ」。8月以降の4場所は小田原記念も含め全て決勝へ駒を進めている。ここも自力勝負で結果を出す。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月19日のニュース