×

【阪神新馬戦】“半兄エタリオウ”アドマイヤチャチャ、ディープ産駒らしい軽い走り

[ 2019年9月19日 05:30 ]

坂路で併せ馬で追い切るアドマイヤチャチャ(左)
Photo By 提供写真

 土曜阪神5R(芝1600メートル)の主役はアドマイヤチャチャ(牝=友道、父ディープインパクト)だ。半兄が昨年菊花賞2着のエタリオウ。ルメールが騎乗した1週前のCWは神戸新聞杯出走のワールドプレミアと併せ、追走遅れの形になったが、6F82秒5~1F12秒5なら十分動いている。友道師は「エタリオウと同じでウッドチップでは時計が出ない。ディープ(産駒)らしい軽い走りで実戦に行けば変わってくれると思う」と話す。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2019年9月19日のニュース