【セントウルS】カイザーメランジェ、余力残しも順調 中野師「予定通り」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

坂路で追い切るカイザーメランジェ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 サマースプリントシリーズ首位のカイザーメランジェは坂路馬なりで4F55秒4と余力残し。中野師は「札幌で使った後の中1週。予定通り」と順調をアピールした。前走・キーンランドC(12着)は12キロ減での出走。師は「函館からの輸送で減ったのではなく、出張馬房でうるさい位置だったのが影響した。アイビスSD(7着)は前が詰まり、この2戦は敗因もはっきりしている。チャンスはあるはず」と王者を見据えていた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月5日のニュース