【京成杯AH】ディメンシオン、単走上がり重点 藤原英師「いい動き」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

 ディメンシオンは坂路単走で最終リハを終えた。上がり重点でもラスト2Fは12秒2~12秒0とゴールに近づくにつれてスピード感あふれる走りを見せた。オープン入り後3戦は善戦どまりだが、前走・関屋記念(4着)は0秒1差。藤原英師は「いい動きやった。順調にきている。乗りやすくて自在性がある。中山コースも問題ない。ハンデも軽くなるし、牡馬相手にいい競馬をしてほしいね」と重賞初制覇に意欲を燃やしている。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月5日のニュース